メモ帳 相鉄バス 富士新7E
個人的には、KL-規制のLVが何でもありのような気がします。
特に富士重新7E架装の車は、何でもありといった具合です。




■ いすゞ
e0033408_225030.jpg

相模鉄道 2053
撮影場所 鶴ヶ峰駅

旭に在籍している旧塗装。00年に登場。1台のみの在籍。
リースサスのエルガシャーシKL-LV380であるのが特徴。

e0033408_0313019.jpg

相鉄バス 2152
この年からエアサスに変更。
ワンロマ車として登場したWB5.3mのLV
e0033408_102647.jpg

相鉄バス 2154
撮影場所 海老名駅

こちらは、一般仕様のLVで旭、綾瀬に在籍している。
前面バンパーの形状が変更になっているのが特徴。
この年までコンデンサーは富士重工製であった。

e0033408_103753.jpg

相模鉄道 2258
撮影場所 横浜駅西口

コンデンサーがゼクセルに変更となった車両。
この年から増備された車両はLED表示に変更となった。(レシップ製orPanasonic製)

e0033408_1223540.jpg

相模鉄道 2355
撮影場所 鶴ヶ峰駅

こちらは、コンデンサーがデンソーに変更となった車両。
最終期に増備された富士新7E架装の車でもある。

とこんな感じで2000年~2003年の短い間に色んなバラエティに
富んでいるのが相鉄に在籍している富士エルガの特徴だと思います。
[PR]
by slap0077 | 2005-12-12 01:16 | バス関係
<< メモ帳 相鉄UD大型 ボラーレ、コスプーレ >>