北斗の拳
簡単なメモと言うかチラシの裏のような感じ。
正直な話を言うと自分自身が原作に萌えていたのは言うまでもない。
それに様々なパロディやネタになった事を加味しても名作と
言えばそう言う事もいえると思うし、それに(北斗の拳の)モチーフとなった
マッドマックス自体も傑作と言えばそういう話になると思う。
機種の方は知っている方も多いと思うが2種類ある。

伝承
基本的にパチスロでのバトルを継承している。割りとバトルの継続率は高いように思われる。
但し、当てるまでが・・・・(ry
バトルでのトキ、レイはプレミアものでもあったりする。
スロットと同じように20連荘以上するとラオウを天に返すシーンにもなり
あの名台詞でもある ”我が人生に一片の悔いは無し” と言う台詞を聞く事が出来る。

強敵(とも)
こちらは、エヴァなどで見られる突然確変などが起きるタイプ。
ぶっちゃけた話を言うと典型的なCR機。

基本的なリーチ時の動作は同じだがチェリーから発展する
ラオウステージに関していると伝承は突確で
強敵はスーパーリーチの一種と言う感じの違いがある。
伝承ステージのラオウステージ突入に関しては絵柄が357と揃えば突入する。

リーチ予告にケンシロウの服破りや指ならしが出れば割合熱い。
後は、予告で同行キャラにレイがいる場合、構えを取ったら割りと高確率で当たりが来る。
さらにリーチ時の闘気オーラが赤またはレインボーならテラアツス。

リーチ系アクション

バトル系 シン、サウザー、ヴィグル、ジャキ、ユダの5パターンあり
2D画面になれば確率は高いが、それでも2回に一回くらいの割合で外すように思われる。
ジャキに関してはスロットのように大当たりのエンカウント率が高くないのに注意。

自分の場合は、最近は突確で当てている場合が多かったりする。
私的意見で言うと原作は、ラオウの辺りで終わらせた方がよかったのにと思っている。
これに関しては原作者の武論尊も同意見であるらしい。
しかし、当時の少年ジャンプのクオリティの高さゆえにこうなったと考えるのが妥当。
[PR]
by slap0077 | 2005-08-26 23:31 | Mobile
<< メモ帳 3 帰り道 >>